失敗事例から学べる成功への道|アパート経営を成功させよう

中年男性

アパートによる資産運用

住宅

アパート経営はとにかく大きな金額が動くものとなります。そのために失敗事例も聞くことができます。もちろん、しっかりと基本的な知識を持っていれば避けることは可能となります。資金計画など面倒と思わずに、業者任せにしないことが大事です。失敗事例で多いのが、空室リスクを考慮していないローンの返済計画です。家賃収入をそのままローン返済に充てるような計算をしてしまうと、やがて持ち出しとなる可能性か高まることになります。あるいはアパート経営で大切なメンテナンスを考慮していないことも、失敗事例ではよく見ることになります。マンションとは異なり、外壁の手入れを定期的に行うことが大事です。防水加工を行い、建物をしっかり守ることが必要となります。

アパート経営で人気の高いものが一括借り上げです。空き部屋となるリスクを回避できることが理由です。けれども注意が必要なのは、それがいつまでも続くわけではないということです。というのも、これは保険でもあるので調査が必要となるからです。つまり、数年間のデータを元にして一括借り上げの金額を見直すわけです。空室率が高いようであれば、借り上げの金額を引き下げるか、あるいはサービスの中止となるわけです。失敗事例として見られるのは、この点を考慮せずにアパート経営を始めてしまうことです。転売しようにも、アパートの流動性は非常に低いものです。ローン返済をどのように行うのか、綿密な計画を立ててアパートを建てることが必要です。

早い資産価値の減少に注意

インテリア

アパート経営は割安な資金で1棟丸ごと投資を可能にする点が魅力の不動産投法です。しかし、木造建築故に減価償却が早く、同様のアパートオーナーも増加傾向ですので、今後は築浅物件でも売却は買い手市場になる見込みです。従って失敗事例から学べば、予め二次利用計画も踏まえて投資の有無を判断することが重要なのです。

» 読んでみよう

不動産投資をする前に

集合住宅

アパート経営を含めた不動産経営は、資産を形成するために有益な方法ですが、同時に投資であるため失敗のリスクも付き物です。失敗事例として多いのが新築物件の購入や立地の悪さなどがあります。不動産投資では失敗事例を参考にすることでリスクを回避することができます。

» 読んでみよう

安心のアパート運用を

不動産

アパート経営の失敗事例で多いのが、空室率を考慮しないローンの返済計画です。一括借り上げも万能ではないので注意が必要です。賃借人が住みやすいと感じるような設計で建物を建てることが必要となってくるわけです。

» 読んでみよう