失敗事例から学べる成功への道|アパート経営を成功させよう

女性オペレーター

安心のアパート運用を

不動産

アパート経営は資産活用に人気の投資方法です。特に土地を所有している人にとっては、その有効活用として役立つことになります。この傾向はさらに加速することが予測されています。そうなると賃貸需要も限りがあることから、空き部屋リスクが高まることが考えられます。実際に失敗事例として多いのが、この空き部屋に関することです。アパート経営はローンを組んで建物を建設することになります。その際の担保として、運用の収支計画が参考にされます。その時点で考慮するのは、家賃収入による利回りです。それを鵜呑みにしてしまう失敗の事例が多くあります。空き部屋となった時に、収支計画通りにいかなくなり、返済を負担するようになるからです。

アパート経営で良く利用されるのが、一括借り上げです。相場の家賃金額よりも少ない額ですが、賃借人がたとえつかないとしても収入を確保できます。ただし、ここでも失敗事例はあります。一括借り上げは契約年数が限られるケースがあるからです。と言うのも、実際のアパート経営の運営状況から判断して、空室率から借り上げ金額を修正する必要があるからです。空室率が低いなら、そのまま継続して借り上げることになりますが、あまりに空室が目立つようなら契約が終了する場合もあります。このような時に失敗する事例が出てくるわけです。そこで、いかに賃貸がつきやすいかを考慮した建物の設計が必要となります。住みやすさを考慮することが大事です。