失敗事例から学べる成功への道|アパート経営を成功させよう

女性オペレーター

早い資産価値の減少に注意

インテリア

中古市場が供給過多見込み

不動産投資における主要リスクの一つである空室リスクを分散するには複数の部屋を所有することが有効です。しかし、そのためには必要な資金も多くなります。しかし、アパートを1棟丸ごと所有すれば、複数の部屋を所有できる上にマンションよりも購入コストが安く済み、しかも1棟丸ごとであれば管理費用も効率化でできます。こうしたメリットからアパート経営はある程度まとまった資金を用意できたり、一家で済むには広い敷地を所有していて、自宅兼アパートという形態を志向する不動産投資家に人気のある投資手法となっています。しかし、木造建築物であるアパートは減価償却が早いため、特に購入資金をローンで賄った場合などは売却しようにも建物の価値がほとんど評価されず、ほぼ土地だけの金額の査定しか受けられないという失敗事例が少なくありません。しかも、昨今はアパート経営に乗り出す不動産投資家が増えていますので、今後は資産価値が落ちる前に早めの売却をしようと考えた場合でも、同じような見解を持つ不動産投資家が多く存在するが故に中古物件の売買市場が供給過多になるというリスクもはらんでいるのです。

購入前の二次利用計画立案

このように、1棟丸ごと不動産物件を所有して不動産投資を行うための参入障壁が低い点がアパート経営のメリットである半面、アパート経営には綿密でシビアな売却計画やアパートが収益力を減少した際の二次利用の計画を立てておかなかったが故の失敗事例が少なくありません。そこで、アパート経営を検討する際に失敗事例に倣わずに済ませるために大切なポイントとなるのが、予め二次利用の計画を立て、そのために必要な資金をアパートの家賃収入から賄った上でも尚、利益が残るのか否かという観点でアパート物件の購入の是非を判断することです。予めアパートとしての役割を終えるのが何年後で、その時に備えて幾らの資金を残すのかまで想定した上で、その資金を基に、例えばアパートの建て替えや駐車場への用途変更など、その土地の再利用をどのように行うかを検討し、それに基づく収支計画でも利益が出せると判断した上でアパートの購入を決めるのであれば、アパート経営で少なからず散見される失敗事例を踏襲せずに済むのです。