失敗事例から学べる成功への道|アパート経営を成功させよう

女性オペレーター

不動産投資をする前に

集合住宅

不動産投資の種類

不動産投資とは、不動産に関して資金を投じてリターンを得るというものです。不動産投資といってもさまざまでマンション経営やアパート経営のような住居向けの賃貸物件やテナントビルなど商業向け賃貸物件、また駐車場経営などがあります。いずれの場合にも不動産を取得する必要があるため、大きな資金が必要になります。以前の不動産投資といえば、それら資金を保有している一部の人が行うものでしたが、近年は将来の資産形成のためにサラリーマンでも投資を行うことが多くなっています。この場合には資金は一括ではなくローンで支払うといったものが中心になりますが、調達できる資金には限りがあるのでマンションの一室を購入したりするものや、比較的建設費が安価なアパート経営といったものになります。

リスクを下げるためには

アパート経営の場合には数千万円程度の出費で行うことが可能で、マンション経営に比べると安価というメリットがある反面で、ほかの不動産投資同様に失敗するリスクも存在します。アパート経営を含めた賃貸物件での投資失敗の事例としては、新築物件、立地、ローンなどがあります。失敗事例として多いのが新築物件によるものです。新築物件は作られた当初は、資産価値が高く評価されますが、一度でも入居者があれば中古物件になります。このため購入した時点で新築としての価値は失われるため資産価値を大きく下げる場合もあります。また立地での失敗事例も多く特に将来性の予測を見誤ることで、入居者が集まらずに収益性が著しく低下する可能性があります。こういったことは一つの事例ではありますが、自分の身に起こる可能性もあります。そのため、失敗事例を参考にしながら自らが失敗を起こさないようにしていきましょう。